2011年07月17日

水の上で

試してみました。と言ってもすべてが仮止めなので少し手加減してですが

まずは、昨日オーバーヘッドで投げたのはデルタシューティングヘッドの13gでした。

少し軽い感じで投げてましたので、もう少し重いラインの方がいいのか?と思い友人にデルシュー16gのヘッドを借りて試して見ましたところ、なかなかいい感じです。

シングルスペイ、ペリーポーク共に軽く20m位

シングルハンドでホールを使ったキャストだともう少し距離が伸びますね。

ついでにマスタリーのショートスカジット285グレイン(#6)を入れてみたところ

これも問題なくキャスト出来ます。

しかもラインを流す時もロッドを保持する腕の疲れが少ないのが嬉しいです。

それだけ軽く持ち重りも少ないロッドになったと言う事だと思います。

後は魚掛けてどんな感じなのかだけですね。仕上がったらとりあえず管釣りにでも行って見ます。

水面を使ったキャストは難なくこなしてくれましたのでライトスペイのロッドはとりあえず成功したようです。良かった〜!

残るはスイッチ用に作ったロッドですが、使いたいラインがまだ手元にありませんので

少し後になると思います。
posted by grassfield at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスティング練習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46812696
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック