2011年04月15日

ロッドテストな一日

友人からメールにて連絡があり

ロッドテストを兼ねて自然渓流へ・・・

解禁後2度ほど釣行しているが、結果は思わしく無い

ここしばらく暖かい日が続いていたので水温も上昇していることを期待しながら川へ・・・

入った場所は水温9度でした。あんまり上がってませんでした・・・

ハッチが少しあるのでどうかな?と思い入溪してみると最初のポイントでライズ発見・・・

が・・・チビッコでフッキングに至らず。

その後も2人で四苦八苦・・・まだ魚が動いていないのかな?なんて話しながら続行

苦労してようやく掛けたのは友人でした。その後、僕もチビッコを掛けてその川は終了!

帰り際、夕マズメの時間に丁度いい感じだったのでいつもの場所へ行ってみた。

川を覗くと少しばかりライズが見えたので、一匹だけでも掛けるかと支度する。

入溪して程なくパシャッとライズしてくれたのですぐに終了!いわきの川は夕マズメというか午後になると逆光で見づらいのであまりやりたくないのが正直なところです。それに老眼でフライのアイにティペット通すのも大変ですし・・・
IMG_1964.JPG

新しく作ったネットを無理やり使ってみました。

っと、ロッドテストだった・・・

掛けた魚は、チビッコ×1と20センチ位×1と貧果だったので釣り心地は評価しませんがあえて言うとプレジャーの流れを汲むロッドなのでそれなりに楽しめる竿のようです。
キャストの方は今までに無いトルクフルなループを形成できターンオーバー性も良いです。
ただし慣れないと伸びすぎの傾向がありますのですぐにドラグが掛かってしまうみたいです。
リーダーシステムで対処するのが良いかな?あまり長いリーダーは好みじゃないのでキャスティングのほうで何とかしたいですね。まあ何はともあれ今までよりもキャスティングが楽に出来る竿になったようです。
posted by grassfield at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44327437
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック