2010年07月25日

久しぶりの渓流

行ったのは7月23日になります。

前回が6月20日頃だったと記憶してますので

実に一ヶ月ぶりの渓流

今回はちょっと足を伸ばし会津の方へ

と言っても、友人の案内なので

僕は初めての川です。

明け方に現地に着こうとしていつもより

早めの出発となりました。

現地に着くとまずは腹ごしらえをしながら川を覗く

友人いわく、ちょっと水量は多いけどまずまずでしょう。と

着替えを済ませ、さあ川へ・・・

初めての川での一投目はやはりちょっと緊張しますね。

期待感としばらくライトラインをキャストしてなかった

不安感が混じってのキャスト・・・

残念ながらそのポイントに魚はいませんでしたが

今回使った竿は、クラフト展に持っていっていた

newテーパーの7’3”#2〜3

このロッドは

かなりの使い心地でラインコントロールも思いのまま

grassfieldのロッドは常に進化します。

その後3つ目のポイントで、フライに出てくれた

のだが、あまりにゆっくりやり取りを堪能していたら

あいにくバレてしまった。残念!

しかし、まだ釣りは始まったばかり気を取り直して

ポイントを紹介して貰いながら釣りあがる。

ちょっと反応は悪いようだが、

時々チビヤマメが挨拶に・・・

そうこうしてると、一見してなかなかのポイントが・・・

ティペットをチェックしフライを付け直しキャスト

すると、こんなヤマメが出てくれた

IMG_18091.jpg

今度は、ちゃんとランディングし記念撮影です。

サイズは約25cmで幅広の色白ヤマメでした。

こんなに体高のあるヤマメを釣ったのは久しぶり

しかも、初めての川で・・・

友人に感謝し次のポイントへ

今度は、交代しながら釣りあがって行く。

すると、友人にもヤマメがヒット

撮影してる間に、やっててもいい?と聞き

同じポイントを流すと

出るわ出るわ、チビヤマメの応酬

流れのゆるいところにキャストすると

この川初のイワナが・・・

IMG_18121.jpg

サイズこそ20センチ強でしたが

久しぶりのイワナの小気味いい引き味を堪能しました。

その後も、釣りを続けたのですが

定位してる魚を見つけたり絶好のポイントがあったり

と、楽しいひと時は瞬く間に過ぎ

気が付くと脱溪ポイントに来ていたらしい。

日も随分高くなり日向にいるとかなり暑い・・・

じゃあここから上がりますかと川を後にした。

しかし、最近の連日猛暑の中での渓流は

やはり気持ちがいい!

しかも、いいヤマメも釣れたし最高の気分でした。

また来たい川になったね。
posted by grassfield at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39812664
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック